二重になる方法

  • 2012/05/09(水) 10:34:37

二重になる方法が知りたい人は多いようです。日本人をはじめとした、東洋人は、一重まぶたで切れ長の目をした人が多いもの。目が大きく見えるくっきりした二重まぶたにあこがれる人も大勢います。二重になるために美容整形を受ける人もいます。芸能界では、一重まぶたかから二重まぶたに整形するという人もいます。お隣の国、韓国ではプチ整形がブームです。20歳の成人のお祝いに二重になる手術を受けたという人も多いようです。プチ整形だけでなく、二重になる方法は幾つかあります。若い女性の間では、二重になるためにアイプチが盛んに行われています。アイプチとは、まぶたに専用ののりやテープをつけることで、人工的に二重になる方法です。何度も何度もアイプチをしていると、まぶたがごく自然にアイプチの状態に馴染んで実質的に二重になることができます。マッサージなどを繰り返すことで二重になる方法もあります。まぶたの脂肪が少ない人に限ってです。四六時中まぶたをこすっていたり、マッサージで二重になるようまぶたを圧迫することによって、二重になることもできるようです。方法としては不確かで、特に目をこする方法は眼球に傷がつく危険があるのでおすすめはできません。確実に二重になることを希望するならば、まぶたに脂肪がある人などはプチ整形や美容整形で二重になるといいでしょう。

パナソニックの光エステ

  • 2012/05/08(火) 12:32:48

エステの技術は近年ますます進んでいますが、光に関する施術はその最たるものです。大手電機メーカーの一つでもあるパナソニックから、光エステという商品が発売されています。光エステはワキ専用の器機で、美肌効果があるというものです。脱毛機や美顔器としては使うことはできません。ワキにこびりついたままの古い角質を除去し、なめらかなワキにするためにキセノンなどの光をあてるのが光エステです。脱毛機については、パナソニックはソイエという商品を売り出しており、女性客をメインによく売れています。脱毛を施した肌のお手入れに、この光エステがいいようです。光エステを使える部位は、ワキの下に限定されています。光エステはお肌のコンディションを整えるためのもので、脱毛機としては使えません。使用者の話によれば、毛根がわかりにくくなり、ワキの下の皮膚がなめらかになる実感が得られたそうです。また自己処理で脱毛した場合、時に毛が皮膚の中に埋没してしまうことがありますが、それらの肌トラブルを改善する効果もあるようです。永久脱毛は、女性にとって重要なテーマといえることでしょう。今後、新しい商品が開発されて、光を照射するだけでエステ並みの脱毛効果が得られるようになりたいものです。

エステでの光脱毛

  • 2012/05/08(火) 03:31:55

エステでの光脱毛についてです。春から夏にかけては脱毛のシーズンです。脱毛の季節が近づくと、エステ側も脱毛を積極的に打ち出して格安企画などを行うようになります。エステでの光を使った脱毛は、プラズマ脱毛やIPL脱毛と呼ばれるもので、美容外科で扱われているレーザー脱毛とは異なります。施術にレーザーを使う行為は、専門の医師がいなければならないため、エステでは認められません。レーザーを扱う時はムダ毛や肌の状態も配慮しなければならず、誰でもできるということではありません。実際無免許のエステサロンがレーザー脱毛を行い、やけどなどのトラブルを起こすケースも多く社会問題にもなっています。近年では、エステではレーザーとは違う光を使った脱毛が多く行われるようになりました。光脱毛は器機が発明されてから時間が経っていないため、脱毛効果に永続性が本当にあるのかあいまいな点もあります。エステによっては、脱毛施術に永久効果があるとうたっているところもありますが、事実かどうかの証明はできていません。光エステを施術した人の口コミなどによると、エステで行う光脱毛でも効果はそれなりに高いようです。コスト面から見ても、光脱毛はレーザー脱毛よりも安く済ませることができます。実績資料が増えれば、安全面での信頼性も高まることでしょう。エステの光脱毛はレーザーに代わる新しい脱毛方法の一つになると予想されます。